代表・監督・コーチ紹介

野球を愛するお父さんコーチと、高いレベルで野球を経験した専門コーチが上手く連携しつつ、子供達への指導を行っております。

621E2908-8732-42DE-B8B3-60C783851C79

創設者:奥野 稔

本村クラブの創設者として、50年以上少年野球に半生を捧げられた。挨拶、礼儀、文武両道を重んじ、93歳まで毎週グランドに立ち続け、野球を通じた子供達の心身の健全な発展を常に心から願っていた。2020年10月16日94歳で永眠。

98110CBD-4362-45B6-8370-0C384D18B451

代表:奥野 隆司

創設者である奥野稔氏のご子息であり、2020年12月に本村クラブ代表に就任。小掛監督、青山コーチ、葛西コーチの慶應義塾高校野球部の先輩にあたる。常に温かい眼差しで野球を通じた子供達の心身の健全な発達を願われている。

IMG_0507

監督:小掛 義之

慶應義塾高校野球部出身、慶應義塾大学では體育會ラグビー部で活躍。2015年秋に本村クラブの監督に就任し、関東大会出場、全日本学童東京大会ベスト8、秋の東京都知事杯優勝、港区秋季大会三連覇等、輝かしい実績を残す

img_1966

副代表・審判部長・マッチメイク(Jr.):磯田 哲治

審判部長としてコーチ陣全体の審判としてのレベルアップの重責を担う。また、これまでの豊富な少年野球指導経験と各チームとのネットワークを活かし、練習試合等のマッチメイクも担当する。

img_1905

事務局長・中学部コーチ:中谷 哲朗

慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系金融機関に約20年間勤務(小学校まで野球、中学・高校・大学ではラグビーをプレー)。 2015年秋よりコーチとして本村クラブに参加し、その後現在まで事務局・組織運営全般を担当。2021年より学童部と中学部を統括する事務局長に就任。中学部選手達の学習指導にも参加予定。

img_1885

中学部ヘッドコーチ・高学年チームコーチ:高野 和真

駒大苫小牧高校野球部(2005年全国制覇メンバー。当時の様子はこちら)、北海学園大学野球部出身。2016年春から本村クラブに参加し、低学年チーム28番、高学年チーム28番(2年間)を経験し、豊富な学童野球指導経験を有する(本村クラブ参加以前も愛知県で学童野球の指導に従事)。本年より本村クラブ中学部ヘッドコーチに就任。忙しい子育ての合間を縫って本村クラブに参加。

img_1118

特命コーチ:鈴木 義孝

自身も本村クラブの卒業生であり、親子二代で本村クラブでプレー。現役時代は強肩・強打のキャッチャーとして港区では名を轟かせた(らしい)。。築地市場で魚の卸を営んでおり、魚にはうるさい。グランドに良くグローブ等を忘れる。真夏でもホットのブラックコーヒーを愛飲。息子は2019年に卒業したが、今年も「特命コーチ」として本村クラブにかかわり、水曜日練習の取り仕切りを一手に引き受ける。

FC5AAAD8-69CA-4416-8174-532BDF5BCBDE

5年生担当コーチ:青山 健

知的かつソフトな語り口での指導で選手・保護者の信頼も厚い。高学年チームのヘッドコーチとしての重責を全うし、今期は5年生チーム専属コーチとして港区新人戦優勝を目指す。慶應高校野球部では小掛監督の2年下の後輩にあたり、今でも話す時はちょっと緊張するらしい。愛車テスラで東京都内のグランドを駆け巡る。

img_1112

4年生担当コーチ:獅子井 淳一

本村クラブのコーチを務めつつ、自身も草野球で現役バリバリに活躍しており、ノックの腕前はピカイチ。忙しい仕事の合間を縫って週末も積極的に本村クラブに参加。深夜についつい麻布ラーメンを食べてしまい、翌日反省している。息子は2019年に卒業したが、今期も4年生担当コーチとして、子供達を熱血指導。

AB43B389-D2BE-4CC3-B8B8-D7DDE0E5C5D5

3年生以下担当コーチ:鈴木 崇

本村クラブOBで、若かりし頃の奥野稔氏を良く知る一人。ソフトな語り口調で子供達の心を掴む。高学年の鈴木コーチと同様に魚屋さんを営むが、あちらが業務用の卸なのに対し、こちらは一般家庭向けということで、お互いに商売敵ということではないらしい。

img_1883

3年生以下担当コーチ:吉田 宗徳

冷静沈着に状況を分析し、選手達のモチベーションを高め勝利に導く。温厚な性格でお母様方の信頼も厚い。筋金入りのヤクルトファン。一昨年は高学年チームのヘッドコーチとして最強世代と言われるチームを見事に優勝へと導いた。今期はそのノウハウを3年生担当コーチとしてフル活用し、ジュニアチームの選手育成に情熱を注ぐ。

E90C77A1-B395-444D-B717-BF2836F33E93

3年生以下担当コーチ:山下 大輔

本村クラブOB。現在も本村クラブOB で結成される草野球チームを率いてバリバリ活躍。ご自身の野球活動の合間を縫って子供達の指導に献身的に参加。ノックの腕前はピカイチであり、かつ左右両方でバッティングピッチャーを務めることが可能な稀有な人材。今期も可愛い後輩達を優勝に導くべく全力を尽くす。

IMG_4279

高学年チームヘッドコーチ:津國 博幸

社会人野球のトップチームでのプレー経験がある筋金入りの野球人。豊富な経験に裏打ちされた的確な指導で子供達の心をガッチリ掴む。子供達を関西弁で盛り上げながら行う熱いノックにファンが多い。今期は高学年チームヘッドコーチとして港区春季大会優勝及び秋季大会四連覇を目指す。

040AB87A-3F01-4A8D-A55A-0D3DFBD7DD5F

高学年チーム28番:行徳 伸介

常に温厚かつ冷静ながら、芯に熱い思いを秘めつつ子供達を熱血指導。一見クールな風貌だが、実は結構ユーモアのセンスも有り。守備もノックもバッティングピッチャーもとても上手で、献身的に選手達を指導。今期は高学年チーム28番の重責を担い、高学年チームを優勝に導く。

IMG_4281

高学年チームコーチ:竹内 進

一昨年より本村クラブのコーチとして正式に参加。いつも子供達を温かい眼差しで見守り、献身的に練習をサポート。港区で大変美味しくて有名なお寿司屋さんを経営されており、合宿には素晴らしいお魚を差し入れて戴いている。

IMG_4282

高学年チームコーチ(マッチメイク担当):中尾 尚起

忙しい仕事の合間を縫って、週末は本村クラブの活動にフル参加。今期は高学年チームのマッチメイクを行う。優しい親分肌の性格で子供達と保護者の信頼も厚い。もともと広告業のお仕事をされていて、私服はとってもオシャレ。

A4A034AB-0665-4CF3-AB5E-03F06C0BD77A

高学年チームコーチ:大野 剛宏

ユーモアに富んだ温かい語り口での指導で子供達の信頼も厚い。「鉄腕大野コーチ」としてフリーバッティングではひたすら選手達のために投げ込む。お嬢さんもジュニアに入部して、高学年とジュニア掛け持ちで忙しい日々を送る。今期は5年生チームの新人戦優勝を目指す!

E5F41A2F-32FC-4B12-B917-5DAB259E7647

高学年チームコーチ:葛西 裕之

奥野代表、小掛監督、青山コーチの慶應義塾高校野球部の後輩で、高校時代は正捕手として活躍。本年から本村クラブ高学年コーチに就任し、子供達への指導に熱い情熱を燃やす。

img_1111

ジュニアチームヘッドコーチ:高比良 政勝

本村クラブにこの男が帰ってきた。2018年に高学年チーム28番として港区秋季大会優勝に導いた手腕を今期はジュニアチームヘッドコーチとして存分に発揮。穏やかだが熱い指導でジュニアチームを優勝に導く!

242FC388-656F-4DDF-9921-21ABAC6B518D

ジュニアチーム28番:團野 浩太郎

特に指導が難しい1-4年生の子供達を、分かり易くかつ飽きさせないように指導することができる稀有なコーチ。建築のお仕事の忙しい合間を縫って本村クラブの活動に週末参加。今期はジュニアチーム28番の重責を担い、ジュニアチームを優勝に導く。

A24DF2EC-55F8-49CF-8EDA-35D68EC1EED0

ジュニアチームコーチ:國井 英寿

優しい眼差しで選手達を見守りながら、時に厳しい言葉で諭す事のできる熱いコーチ。
座右の銘「常に前向きに」を胸に、29番、28番と共に今季ジュニアチームを優勝に導く。

 

4369C87C-1BB6-4E89-9BD0-2D2213E51F31

ジュニアチームコーチ(マッチメイク担当):佐野 正邦

今期より奥様の真帆コーチと共にジュニアチームコーチに就任。今でも草野球チームでプレーをしており、一見クールかつ穏やかだが野球への情熱は熱い。今期からはジュニアチームのマッチメイク担当の重責も担う。

D9814729-BF2A-45A6-8E00-AF2D7D32D2A5

ジュニアチームコーチ:佐野 真帆

本村クラブ史上、おそらく初めてのママコーチに今期から就任。幼稚園教諭としての経験を活かし、本村クラブ女子選手達からお姉さん的な存在として慕われている。テニスの経験も長く、ノックも上手い。

2C0377E4-6B3E-424B-A42B-62520AA54E51

ジュニアチームコーチ:松田 直哉

今季よりジュニアチームのコーチとして参加。吉川晃司似のダンディズムと熱い信念で次世代の本村ジュニアチームを率いていく。
ノックの腕前もピカイチ。

095E2F60-5268-4C07-97B6-7DCE74B45F37

ジュニアチームコーチ:前野 龍三

今季よりジュニアチームのコーチとして参加。忙しいお仕事の合間を縫って週末は本村クラブ活動に積極的に参加。柔道で培った武道精神で選手達に規律と野球の楽しさを教えることに情熱を燃やす。